当センターは、JAグループ岡山の情報センターとして、システム開発・運用・管理にかかる情報処理の受託事業をしており、JAおよび組合員等の多くの情報をお預かりしています。
 このため、私どもの社会的責務は極めて高いものであり情報セキュリティの重要性を全ての役職員が認識し、委託者からより信頼していただける組織であり続けるため、次のとおり情報セキュリティ基本方針を定めます。
 この方針に基づき、経済産業省の制定した情報セキュリティに関する日本工業規格に則り、「情報セキュリティ管理システム」を確立し、運用、監視、レビューし、さらに維持および改善することによって、情報セキュリティの管理を徹底してまいります。
1. 情報セキュリティを確保するため、事業上および法規制の要求事項ならびに契約上の要求事項を遵守します。
2. 情報資産の紛失、漏洩、改ざん、破壊等を防止するため、適切な組織的・人的・物理的・技術的安全管理措置を講じます。
3. 情報資産に対する機密性・完全性・可用性を維持するため、リスク分析・評価を行い、その評価結果に基づいて適切に対応します。
4. 情報セキュリティ管理システムに関する方針および規程等は、定期的または事業環境の変化によって適宜見直します。
5. 情報セキュリティを維持するための責任体制を明確にし、要員全てに適切な意識向上およびそれぞれの役割を果たすために、必要な教育・訓練を実施します。
6. 情報セキュリティ事件・事故の予兆を検出し、未然防止につとめるとともに、万一、発生した場合には迅速に対応します。また、事業活動の中断が発生した場合には、あらかじめ定めた事業継続計画により被害を最小限に止めるための対策を実施します。


 
                                  制定日:平成 18年12月6日
                                  改定日:平成 25年 6月29日
                                       
一般社団法人 岡山県農協電算センター
                                       代表理事理事長  青 江  伯 夫